室温超伝導ができたとかいうプレプリントの話

(この記事はhttp://d.hatena.ne.jp/ttrr/20180727/1532653976との同時更新です)
先日プレプリントサーバーのarXivをチェックしていたら、なにやら目をひくタイトルが目に飛び込んできました。
[1807.08572] Evidence for Superconductivity at Ambient Temperature and Pressure in Nanostructures
一応最初に述べておきますと、arXivというのは普通の意味でいう論文誌ではなくて、投稿中の論文や論文にするほどではない情報の共有を目的としたサーバーであって、arXivにアップロードされた段階ではその文章(プレプリント)は査読や他の研究者による検証を受けていないと思うべきものです。
タイトルからわかるように、このプレプリントは科学者が夢見てきた室温超伝導がついにできたぜ!というもので、こんなタイトルをつけたらノーベル賞を取ってしまうか炎上するかどちらか二つに一つという刺激的なタイトルだと思います。著者はこんなふうに言っていますが、内容が本当かどうかは今のところ今はまだ誰にもわからない状況です。
室温超伝導は物理学の(あるいは化学でも?)聖杯とでもいうべきものなので、これに関する怪しげな論文はこれまでにもarXivに数々投稿されてきました。しかしその多くは一目見ただけで怪しさセンサーがmax反応するようなもので、論文を読んでいても疑問しか浮かんでこないというのが通例で、だから今回のプレプリントを見かけた時も「ああまたか」と思いました。ところがこの論文、内容を読んでみると意外にもしっかり書かれていそうだなと感じられてきました。
これまでの超伝導の常識と大きく異なる箇所が多く、信憑性については今後慎重な検証が必要かと思いますが、夢のある内容なのでここではその内容をちょっと紹介してみたいと思います。

彼らは何をやったか?

銀の微粒子を金の基材に埋め込んだサンプルを作製し、評価しました(HRTEM, HAADF-STEM, XRF, XRDなど)。作製したサンプルで超伝導を観測。測定としては薄膜とペレットのサンプルにおいて、4端子測定によるゼロ抵抗と転移温度以下で反磁性を確認しています。サンプル作製の詳細については意図的に情報を制限している印象もありますが、サンプルの評価は非常にしっかりしており、少なくともこの部分で信憑性を損なうようなものではないと感じました。転移温度の磁場依存性についても論じられており、傾向としては整合しています。なぜ3Tまでしか抵抗測定を行わなかったのかや、帯磁率の変化が急峻な割に分率が小さいとか、FCの結果は書いていないなどのツッコミどころはあるといえばありますが、これらが本質的なツッコミであるかどうかは知りません。また金・銀の分率によって転移温度が大きく変化することも報告しており、これ自体も非常に驚くべき結果だと思います。

どうして驚きなのか?

超伝導転移温度が236 K(摂氏マイナス37度)と非常に高温(超伝導的にも液体窒素の77 Kでも十分高温なのです)であることももちろんですが、今回の系が金+銀系であるとういことも大きな驚きです。大雑把にいえば世の中の金属は大抵冷やせば超伝導になるのですが、金や銀においてはフォノンと電子の相互作用が小さく、これまでの実験では超伝導は観測されていません。このプレプリントではプラズモンを介したペア形成を狙ったと書いてありますが、この見方は現在の一般的な超伝導物質探索の主流から大きく外れており、この結果が明確なビジョンに基づいた狙い通りのものであったとしたら天才的と言えるんじゃないでしょうか。
このような現象が本当だとしたら、抵抗ゼロの送電・通信などへの応用によってエネルギー利用効率は大きく上がるでしょう。金と銀というのは高価な金属であるように思いますが、物自体としては毒性がなく非常に有用です。また、ナノ粒子を利用した非一様系の超伝導という一つの分野が開けることにより、さらなる高温超伝導系が発見される可能性も広がります。もちろんこれらは全て、内容が本当なら、という話ですが。

結局本当なのか?

こればかりは独立した他のグループによる追試によって検証される他に、真偽を確かめる方法はないと思います。非常にインパクトがある結果なので、世界のどこかではもうすでにプレプリントを読んで追試を試みているグループがあるかもしれません。個人的にはこの話題についての続報(肯定的でも否定的でも)を楽しみに待ちたいと思います。
その他何か明確なツッコミどころ等に気づいている方がいれば、教えていただきたいと思います。

Chromecast、アメリカ物理学会

元記事:Cromecast - 柳に燕

Cromecastを購入した。だいぶ具合が良い。youtubeNetflixなど、対応しているiPhoneアプリの画面内容を、大きなテレビ画面にキャストすることができる。またGoogle Chromeをブラウザとして使えば、PCの画面内容をテレビに映すこともできる。もちろん音声もテレビから出る。2月まで狭い家に住んでいたのだが、引越しを機にテレビを買い、ついでにChromecastも買った。良い買い物だっだと思う。

ここのところものすごい忙しかった。アメリカ物理学会の物性系の年会(March Meeting。素粒子・宇宙系は別で、April Meetingというのをやっている)に行って来た。今年はロサンゼルスでの開催であり、10000人以上が参加した。アメリカ物理学会ではあるが、ほぼ国際学会であり各国から参加者が集う。今回いちばん強く思ったのは中国人がすごすぎたということだ。米国の大学に留学している中国人が、全体の3-4割いた印象がある。研究の質も高く、横のつながりも強いため、日本はちょっと太刀打ちできないなと、我々は話し合っていた。米国の大学は研究レベルも高いところが多い。世界ランキングでは東大は40位くらいのところをうろうろしているくらいであるが、彼らの研究環境はそれよりずっといいものだろうと思われる。そういう中で、日本はどういう風に研究で戦って行けば良いのだろう。

ロサンゼルスではホテル周辺の雰囲気があまり良くなかったこともあり、Uberに初トライ&積極的に利用した。本当に便利で、アプリで配車を手配すると2、3分でやってくる。Uber Xというのが普通のタクシーのような、非乗合型であるが、これでも日本で乗るタクシーよりずっと安い。会期中Uberに何度か乗っていて、最終日は仲間で一台Uberを呼んで空港まで移動しようと思ってたら、会場付近から空港への利用客が多く、事前に調べていたよりも運賃が爆上げしていたので驚いた。結局慌て公共交通機関を使い奔走した挙句、フライトを逃し、スタンバイリストに載せてもらった。使い慣れてないものに頼る難しさを実感してしまった。

(はてダのほうに付けている日記をコピーしてます。)

先日の動画に加えてもう一つ、Youtubeで翻訳した動画が公開された。

Blenderを使って3Dモデリングの練習をしていたが、少し調べているとBlenderには簡単な流体シミュレーション機能があるらしい。Udemyがセールで1講座1300円だったので、シミュレーションについての簡単なインストラクションを受講して、自分でも試してみた。

長時間で動きの激しい流れだと、体積が保存しないという報告も見かけた。物理的な妥当性についてはあまり期待できないでしょうね。

コピー元リンク 柳に燕

活動報告

(はてダのほうに付けている日記をコピーしてます。)

Mathematicaはラズパイ側のアップデートを行うことで問題解決した。ディガンマ関数もバッチリ表示できた。これで捗る。ただどういうわけか、キーボードのローカリゼーションが設定できなくなった。チョイチョイ挙動が不明なところがある。まあそんなにハードにキーを打つ予定もないし、US配列で我慢しよう。
去年の9月に日本語に翻訳したYoutubeビデオが公開されていた。アメリカのユーチューバーは本当に良いビデオをつくる。日本でもこういう文化が広まってほしいという一心。

コピー元 
活動報告 - 柳に燕

大学院に入学し、早速学生の特権を実感している。
たとえば学生を対象とした様々な割引特典があるが、どれも金のなかった学生時代には存分には楽しめなかったものだ。だが今ならその有難みを存分に享受できる!これについてはApple製品や各種ソフトウェアがアカデミック割引されることがまず頭に浮かんだ。一般の購入ルートに比べて、数万円得なるケースもある。
高機能数式処理ソフトのマセマティカを例に挙げよう。このソフトウェアは、一般ホビー用途で入手すると7万円するが、学生に限って2万6千円で買うことができる。ちなみに企業や官公庁の利用のためのライセンスは40万円ほどする。これだけ見ても、学生がどれだけ優遇されているかわかる。また、研究用途には使えないが高額で有名なNational Instruments社製のLabVIEWも、Student Editionが4千円程度で入手できる。これも、研究用途で入手すると数十万円は下らない。

しかし学生であることのメリットは、金銭的なものだけではない。VPNを利用し、自宅で論文閲覧ができる点は本当に素晴らしい。学生にならなくては絶対に享受できない特権中の特権だ。自分が学生の頃はこのへんの有難さがよく分かっていなかった。おまけに購読しているジャーナルも優れている。
さらにうまくいけば学位を得られる!*1貴重なお金と時間を費やすのだから、こういう特権は精一杯利用したいですなあ。

コピー元:http://d.hatena.ne.jp/ttrr/20170411/1491839618

*1:いやいや、こちらがメイン

TOEICの結果が出た。
L495R465のトータル960。思ったより良い。

話す能力・書く能力は放置した結果、立ち遅れてしまったなあ。

ミラー元 
http://d.hatena.ne.jp/ttrr/20161213/1481564016

TOEIC受験報告

TOEICを受験してきた。リーディングの時間が足りず2、3問適当に答えてしまった。うーん、なかなか点数が上がりませぬ。結果をおとなしく待つしか…。

帰り際に本を買った。

切らずに1枚で折るどうぶつおりがみ おりがみペットパーク

切らずに1枚で折るどうぶつおりがみ おりがみペットパーク

本屋に折り紙の本はたくさんあった。この本にはラミネートが掛かっていたので、エイヤっと買ったが当たりだった。