読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理論言語学において生成文法など,説明的妥当性を目指す試みは,大脳の言語的機能についての「現象論」をつくる試みと言える。言語現象の記述的妥当性はというと,高校の物理などで出てくる「ケプラーの第三法則」のような法則類に相当するかもしれない。ab initioとは脳科学からのアプローチだろう。
チョムスキー言語学が科学たるために革命が必要なのだと言う。その革命とはどのようなものだろうか。